夏特・命の学校2

2018・8・2

admin

奥武山運動公園のプールで行われています「着衣泳」の体験に行ってきました。

水の事故について

浦添消防署のお兄さんたちが

実際に起こりやすい水の事故について

詳しく教えてくれました。

水に溺れるときはほとんどが

服のままでいるとき。

今日は「着衣泳」の学びで

みんな普段の服を着て

靴を履いて、というスタイルで

学びました。

人の身体は2%

人の身体は、水の中でも2%だけは

浮くことができるそうです。

それは息をたっぷり吸いこむことで

身体が浮袋の役割になるとのこと。

なので実際に息を吐きだすと

沈んでいく・・・ということも

実際に体験してみました。


ペットボトルが役立つ

ペットボトル一つあるだけで

身体を十分に浮かすことができる。

ちょっと怖がりながらも

こどもたち全員が上手に

浮くことができました。